タレントに憧れて

子供の頃の夢を覚えているでしょうか。ケーキ屋さん、パイロット、お医者さんなどいろいろありますが、なかには芸能界への憧れを抱いた方もいるのではないでしょうか。歌手、モデル、俳優、芸人など芸能界と言っても、その仕事内容はさまざまです。今現在、映画やテレビなどで活躍している人たちは、子供の頃のわりと早い段階から夢を実現するために、レッスンを受けて基礎を学び、子役などを経て活躍している人や、義務教育などが終った時点や生まれ育った地元の高校などを卒業したところから、決意して目指した人もいるでしょう。

それとは逆に、現実を見極めて、夢をあきらめ他の道へ進んだ人も多くいると思います。芸能界は、一握りの強い思いを抱いた人だけが夢を叶えて、もしくは夢を叶えるために頑張っているのでしょう。でももし、現実に則した生活をしていてもどこかで常に意識していて、例えば、定年退職とともに自分の時間ができた時に、ふと思いだしたとしたら、どうでしょう。忘れてしまったはずの夢がまた目の前に浮かび、経済的にも時間的にもゆとりがあるとしたら、チャレンジしたいと思うこともあるかもしれません。人生には転機があるようですが、それが熟年の今だとしたらどうでしょう。

そんな中、最近は、高齢化社会も進み、シニアモデルという職業も確立されてきています。ドラマや映画の世界にはもちろん高齢者も必要ですし、着物モデルなど、高齢者たちが楽しめる商品やイベントなども数多く開かれ、そのためには、同世代同志、比較しやすい、わかりやすい同世代のタレントが必要になります。みなさんも、タレントに憧れたあの時を思い出して、思い切ってその世界の扉を開いてみてはいかがでしょうか。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket